薬物分子設計学分野

日高 悠君(修士1年)が「第35回日本薬学会九州支部大会」で優秀発表賞を受賞しました!

場所: 九州大学薬学部(福岡市)
演題: 分子間カップリングを基盤とする炭素連結型糖脂質アナログの合成研究
発表形式: 口頭発表

2月1日、18:15より放送
シアン化ナトリウムの管理・危険性について解説しました。

受賞研究: Rational Design and Synthesis of [5]Helicene-Derived Phosphine Ligands and Their Application in Pd-Catalyzed Asymmetric Reactions
賞名: 優秀論文賞

トップへ戻るボタン