薬物分子設計学分野

日時: 2018年6月21日-22日
場所: 志賀島休暇村(福岡市)
発表タイトル:
フィサリン類のユニークな縮環構造を基盤とした生物活性分子の合成 (森田君、優秀ポスター賞受賞)
分子間カップリングを基盤とする炭素連結型糖脂質アナログの合成研究 (日高君)
発表形式: ポスター発表
数々のご高名な先生方の講演を拝聴した後にポスター発表をしました。たくさんの議論をさせていただき良い刺激になりました。

 2018年3月23日に、日本化学会第98春季年会(2018)@ 日本大学理工学部船橋キャンパスで講演させていただきました。

天然有機化合物の全合成:効率的分子構築のための新しい反応と戦略(CSJカレントレビュー企画)
タイトル:天然物を高機能化する有機合成

講演者の皆さんと写真

母校の東北大学理学部で講演させていただきました。
Asian Chemical Probe Research Hub Symposium: 天然物有機化学・天然物合成とケミカルバイオロジー
日時: 2018年2月13日
場所: 東北大学青葉山キャンパス 理学研究科合同C棟青葉サイエンスホール
タイトル: Focused Libraryのススメ

1ヶ月半ぐらい前ですが、理研時代の仲間に誘っていただき、招待講演させていただきました。
日時: 2017年11月15日-16日
場所: 佐賀・川上峡温泉 ホテル龍登園
発表タイトル: 非天然型複合糖質を創る

日時: 2017年11月15日-17日
場所: 淡路夢舞台国際会議場
発表タイトル: Synthetic Strategy Towards Unique Right-Side Structures of Physalins
発表形式: ポスター発表
ランチタイムと懇親会後(!)の二回のポスターセッションが設定されており,沢山のディスカッションをさせて頂きました.

トップへ戻るボタン